• フォントサイズL
  • フォントサイズM
  • フォントサイズS
  • フォントサイズメニュー

ホーム > 最新情報 > 第一屋製パン株式会社と豊田通商株式会社との資本業務提携強化

最新情報

第一屋製パン株式会社と豊田通商株式会社との資本業務提携強化

2009年12月22日

第一屋製パン株式会社(以下:第一屋製パン、本社:東京都小平市、社長:細貝理栄)及び豊田通商株式会社(以下:豊田通商、本社:名古屋市、社長:清水順三)は両社の業務における協力関係をさらに強化すべく、豊田通商による出資比率を3.9%から33.4%への引き上げを実施致しました。

1.資本業務提携強化の背景
第一屋製パンは、各種パン類、和菓子、洋菓子、クッキー等の製造および販売卸売事業を展開、「おいしさにまごころこめて」を全社のモットーとし、安全で高品質な商品作りを進めています。
一方で、豊田通商は、2015年に自動車、非自動車の収益を50:50としバランスの取れた収益構造を目指すという経営ビジョンを進めております。中でも、非自動車分野である食料関連分野につきましては、重要分野の一つと位置づけ事業拡大に努めております。
両社はこれまでも、主要な原材料を売買するなど、協力関係を築いて参りました。

2.資本業務提携強化の目的
今般の資本業務提携強化により、豊田通商からは生産管理と物流改善といったノウハウを提供するに加え、原材料の安定供給を図ります。一方、第一屋製パンからは製パン技術等の支援により、豊田通商の海外事業展開に協力して参ります。更に両社で経営資源の有効活用によるコスト競争力の強化に向けた取り組みを検討し、人的な協力関係を深め、企業価値の向上、発展のために相互に協力していきます。

3.今後の見通し
今後、両社はそれぞれの持つ強み、例えば豊田通商はグローバルなネットワークと生産管理、物流改善などの様々な機能を、また第一屋製パンは各商品の企画・製造および販売卸売事業のノウハウを生かし、相互の食品事業の更なる拡大を図ってまいります。

以 上

———————————
<問い合わせ先>
第一屋製パン株式会社 経営企画室 細貝(電話:042-344-7545)
豊田通商株式会社 広報・IR室(東京) 石田、下陸(電話:03-5288-2084)
———————————