おいしさの秘密

「アップルリング」の誕生は1982年、爆発的な売れ行きでたちまち注目を集めるスター商品になりました。当時、各地に多くのりんごを使ったパンが発売されましたが、抜群のおいしさで競合を勝ち抜き、今日まで愛され続けています。その秘密は『アップルフィリングのおいしさ』『生地とアップルフィリングのバランスの良さ』『ジャンボサイズで割安感』

しっとりとしたパン生地に、りんごを甘く煮込んだアップルフィリングを入れました。 ボリュームたっぷりなので、おやつにはもちろん、ホームパーティにも最適な一品です。 半分サイズの「アップルリングハーフ」、ミニサイズの「アップルリングミニ」、レーズンをプラスしてシナモン味に仕上げた「レーズンシナモンアップルリングミニ」と、バリエーションも豊富です。 例年12月はクリスマスバージョンのデザインでクリスマスムードを盛り上げます。

POINT1 アップルフィリングのシロップが日が経つごとに生地にしみ込み、しっとりしてきます。 また、りんごの酸味とアイシング(上掛けの砂糖)の甘みの相性が抜群です。 POINT2 ほんのり甘い生地にりんごの果肉が入ったフィリングをたっぷり包み、しっとりと焼き上げました。6個にちぎって分けて食べる事が出来ます。

はじまりの物語

30年以上もの間、皆様に愛され続けてきた超ロングセラーの菓子パンです。 発売当時はあんぱんの様な一人用が主流でしたが、家族向けにこぶし大のパン6個をリング状に繋げた1個の大型菓子パンを開発。繋ぎ目で1個ずつ切り離せて、おやつにはもちろん、ホームパーティーにも最適なパンをコンセプトに開発されました。

パッケージが、よりかわいらしく!